Audacious萌え化ぷろじぇくと


表示文字列


audacious 3.4.3がリリースされました。

puchoです。2014年1月3日にaudacious-3.4.3がリリースされました。
このバージョンもノーマルでは表示が崩れてしまいますので、patchファイルと自動的にdebファイルを生成するファイル群をアップロードしました。


をダウンロードしてください。なお、今回からIntel製およびその互換CPUであれば、

$sh debpack.sh

で32bit、64bitにかかわらずdebファイルを生成します。(インストールもされます。)

【重要】事前に端末を開いて以下をインストールしておく必要があります。
スクリプトの適用方法含め、詳しくは萌えAudacious-3.4.3に対応してますをご覧ください。

$ sudo apt-get install dh-make cdbs devscripts fakeroot lintian checkinstall dpatch quilt
$ sudo apt-get install libmcs-dev libjack-dev libcddb2-dev

追記:debpack.shの2行目に問題があったため2014年1月12日に差し替えました。

★TOYです。pachoさん素早い対応ありがとうございます。近々試してみます。
★たっどさんへ、Audaciousの設定周りを勝手ながらAudaciousの萌え化のページ(を作って)に移行しました。もしなにか問題あるようでしたらおっしゃってください。

仮想環境 Ubuntu 13.10 AMD 64bitでエラー(解決済み)

(解決済み)*debpack.sh修正版がアップされています。

TOYです。debpack.shを試したところ以下のエラーが出ました。
〜省略
Hit <enter> to confirm:
Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now. audacious
uses a configure script, so you probably don't have to edit the Makefiles.
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc
dpkg-buildpackage: source package audacious
dpkg-buildpackage: source version 3.4.3
dpkg-buildpackage: source changed by moebuntu <hoge@localhost>
dpkg-source --before-build audacious-3.4.3
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: libmcs-dev (>= 0.7)
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc failed
[sudo] password for moebuntu:
dpkg: ../audacious_3.4.3_i386.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-dev_3.4.3_i386.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudcore1_3.4.3_i386.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudclient2_3.4.3_i386.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious_3.4.3_i386.deb
../audacious-dev_3.4.3_i386.deb
../libaudcore1_3.4.3_i386.deb
../libaudclient2_3.4.3_i386.deb
Maintainer name : moebuntu
Email-Address : hoge@localhost
Date : Sun, 05 Jan 2014 23:28:13 +0900
Package Name : audacious-plugins
Version : 3.4.3
License : gpl3
Type of Package : Library
Hit <enter> to confirm:
Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now. audacious-plugins
uses a configure script, so you probably don't have to edit the Makefiles.
Make sure you change the package name from audacious-pluginsBROKEN to something
else, such as audacious-plugins1 in the debian/control file.
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc
dpkg-buildpackage: source package audacious-plugins
dpkg-buildpackage: source version 3.4.3
dpkg-buildpackage: source changed by moebuntu <hoge@localhost>
dpkg-source --before-build audacious-plugins-3.4.3
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: audacious-dev (>= 3.4.1) libcddb2-dev (>= 1.2.1) libjack-dev libmcs-dev
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc failed
dpkg: ../audacious-plugins_3.4.3_i386.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious-plugins_3.4.3_i386.deb
../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/audacious-3.4.3-debpack$

debpack.shが間違っていたようです。

puchoです。debpack.shを確認したところ、2行目に誤りがありました。
debpack.shの2行目を

comp=`uname -m`

に書き換えて再び試してください。

★TOYです。同環境にて試してみましたがまだダメです。

#!/bin/sh
comp=`uname -m`
に修正して
$sh debpack.sh

〜省略
Hit <enter> to confirm:
Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now. audacious
uses a configure script, so you probably don't have to edit the Makefiles.
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc
dpkg-buildpackage: source package audacious
dpkg-buildpackage: source version 3.4.3
dpkg-buildpackage: source changed by moebuntu <hoge@localhost>
dpkg-source --before-build audacious-3.4.3
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: libmcs-dev (>= 0.7)
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc failed
[sudo] password for moebuntu:
dpkg: ../audacious_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-dev_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudcore1_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudclient2_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious_3.4.3_amd64.deb
../audacious-dev_3.4.3_amd64.deb
../libaudcore1_3.4.3_amd64.deb
../libaudclient2_3.4.3_amd64.deb
Maintainer name : moebuntu
Email-Address : hoge@localhost
Date : Sat, 11 Jan 2014 23:03:16 +0900
Package Name : audacious-plugins
Version : 3.4.3
License : gpl3
Type of Package : Library
Hit <enter> to confirm:
Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now. audacious-plugins
uses a configure script, so you probably don't have to edit the Makefiles.
Make sure you change the package name from audacious-pluginsBROKEN to something
else, such as audacious-plugins1 in the debian/control file.
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc
dpkg-buildpackage: source package audacious-plugins
dpkg-buildpackage: source version 3.4.3
dpkg-buildpackage: source changed by moebuntu <hoge@localhost>
dpkg-source --before-build audacious-plugins-3.4.3
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: audacious-dev (>= 3.4.1) libcddb2-dev (>= 1.2.1) libjack-dev libmcs-dev
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc failed
dpkg: ../audacious-plugins_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious-plugins_3.4.3_amd64.deb
../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/audacious-3.4.3-debpack$

★puchoです。ログを確認しましたが、どうやらパッケージが足りないようです。
libmcs-dev、libjack-dev、libcddb2-devをインストールしてからやり直してみてください。

★TOYです。puchoさんありがとうございます。無事インストール出来ました。
前バージョンを入れた時に○○-dev類は入れていたと思うのですが、もしかしたらautoremoveコマンドか何か(わたしがした可能性がある)でもう必要ないものとして削除されたのかもしれません(?)
素の状態でインストールする場合に考えられる必要な処理とかも合わせてお示しいただけると助かります。お手間でなければ簡単な「readme」ファイルがあるとうれしいです。もしよろしければお願いします。

仮想環境 Ubuntu 13.04 AMD 64bitでエラー (解決済み)

(解決済み)*dh_makeがインストールされていなかったためです。

TOYです13.04でも試してみたのですが、以下のようなエラーがでました。

〜省略
debpack.sh: 16: debpack.sh: dh_make: not found
cp: 宛先の `debian/' はディレクトリではありません
debpack.sh: 20: debpack.sh: debuild: not found
[sudo] password for moebuntu:
dpkg: ../audacious_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-dev_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudcore1_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../libaudclient2_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious_3.4.3_amd64.deb
../audacious-dev_3.4.3_amd64.deb
../libaudcore1_3.4.3_amd64.deb
../libaudclient2_3.4.3_amd64.deb
debpack.sh: 23: debpack.sh: dh_make: not found
cp: 宛先の `debian/' はディレクトリではありません
debpack.sh: 27: debpack.sh: debuild: not found
dpkg: ../audacious-plugins_3.4.3_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
dpkg: ../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
../audacious-plugins_3.4.3_amd64.deb
../audacious-plugins-data_3.4.3_all.deb
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/audacious-3.4.3-debpack$

さらに同環境の実機にて依存関係でlibjack-devがインストールできません。(ヒントあり)

(ヒントあり)*もしかするとlibjack-jack2-0を一度アンインストールしてからやり直すと、上手くいくかもしれません。

*前回のバージョンはインストールされています。
*ちなみにlibjack-jackd2-devおよびlibjack-jackd2-0がインストールされています。
13.10の時はlibjack-devをインストールした時にlibjack-jackd2-devが削除されました。
対処方法ありますか?よろしくお願いします。

〜省略
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
libjack-dev : 依存: libjack0 (= 1:0.121.3+20120418git75e3e20b-2.1) しかし、インストールされようとしていません
E: 問題を解決することができません。壊れた変更禁止パッケージがあります。
toy@toy-desktop:~$

★TOYです。実機の方はパッチ+セルフコンパイルで入れることは出来ました。

puchoです。返信が遅くなってすみません。

Ubuntu 13.04 64bitでのインストール失敗の件ですが、仮想環境では、dh_makeが、インストールされていないようです。必ずインストールしてからやり直してみてください。
実機についてですが、いまいち原因が分かっていないのですが、もしかするとlibjack-jack2-0を一度アンインストールしてからやり直すと、上手くいくかもしれません。

★TOYです。puchoさん、調べてくださってありがとうございます。

>dh_make
あれ?インストールしてあったと思ったんだけど…と調べたら入ってませんでした。なので、それも含めて必要そうなものをもう一度インストールしなおして再度スクリプト適用したところ無事インストール出来ました。お手を煩わせてしまってゴメンナサイ。他の仮想環境と混同してしまったのかもしれません。

実機に関してはすでに13.10にアップグレードしてしまったので、次回また同じようなことがあったら試してみます。ありがとうございました。今後共よろしくお願いします。

【追記】「audacious 3.4.3がリリースされました。」にスクリプト適用に必要な(?)ファイル郡を追記しました。もしなにか間違いや追記すべきことがありましたらよろしくお願いします。

audacious 3.5 Alpha1がリリースされました。

2014年2月22日にaudacious-3.5-alpha1がリリースされました。
このバージョンも萌えスキンが崩れてしまいますので、patchファイルと自動的にdebファイルを作成、インストールするファイル群をアップロードしました。


をダウンロードしてください。
このバージョンから、libaudclient2のパッケージがなくなりました。また、公式のソースコードが少し大きめに変更となっているので、イコライザー消去のアルゴリズムに変更はありませんが、patchを作り直しました。

★TOYです。pachoさんいつもありがとうございます。上記バッチなど基本的な情報をAudaciousの萌え化のページに移しました。もし何か修正点などありましたらよろしくお願いします。

audacious 3.6のイコライザ非表示に成功しました。

◎mifjpnです。とりあえずうまく行きましたので、報告しておきます。ただ、Unityのicon関係のアップデートがイマイチわかりません。(かっこ悪いです;;)
 あと、t-dashで管理されていたスキンが、切れているようですね。たっどさんは、私事で忙しそうなので、どうかなぁ。できればスキン配布復活できればいいですね。
 (15-03-07)

★TOYです。mifjpnさん、お疲れ様です。やりましたね!お手柄です。ありがとうございます。早速わたしのブログにて紹介させていただきました。http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-766.html

>ただ、Unityのicon関係のアップデートがイマイチわかりません。(かっこ悪いです;;)
スピーカー風のアイコンのことですよね?これ元々MoePinkIconsに登録されているアイコンが表示されているためです。MoePinkIconsから該当のアイコンを削除すればデフォルトのアイコンになると思います。こんどMoePinkIconsも修正しますね。

>あと、t-dashで管理されていたスキンが、切れているようですね。
以前伝えておいて更新すると言っていたんですけどね。先ほど再度直接メールしておきましたので、きっと近いうち復活すると思います。

◎mifjpnです。iconの件は、もともとaudaciousの入っていないubuntuに入れると、iconがお豆腐状態(1枚の紙)になってしまうようです。その後アップデートしたら直ったみたいで、ちょっと不明です^^;。ちなみに、audacious関係のウインドウがMoe前のdefaultになっているのは、先日compiz.fusionで遊んで、壊しちゃったので、直してそのままだったからです^^w。

★TOYです。そういうことだったんですね。でもせっかくなのでMoePinkIconsのAudaciousのアイコンピンク地にしようと思っています。

トラブルシューティング

★TOYです。ちょっとインストール時に再現性の高いトラブルがあったので、内容をhttp://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-766.htmlに追記しておきました。もしなにか「こういう場合はこうしたほうがいい」などありましたらフォローお願いします。

◎mifjpnです。こちらでは、なったことないエラーなので対処は確証できませんが、たしか、synapticでリポジトリをソースコードまで含めてチェックを入れておくと、ちょっと違った環境設定になるようでした。参考になるかわかりませんが、気づいたことです。よろしくお願いします。
(15-3-9)

◎mifjpnです。hyper-vに新たにubuntu14.04を入れアップデート。試してみました。add-apt-repositoryでリポジトリを入れると、synapticでリポジトリを見ると、ソースコードにチェックがなく、その後のsudo apt-get build-dep audaciousの適用のされ方が異なるようです。(ちなみに、エラーで終了してしまいました。)そこで、synapticでソースコードにチェックを入れると、うまく行きました。もし、add-apt-repositoryでリポジトリを入れているのでしたら、synapticなどで、ソースコードへのチェックも試してみてください。よろしくお願いします。

◎mifjpnです。
 どうやら、環境のビルドアップのついて、バージョン等を取り違えるようなエラーがあるみたいですね。
・もう一度やってみましたが、おおむね、通常版のaudacious3.6をadd-apt-repositoryでリポジトリを入れインストール。その後、萌版の導入をすると、困ったことになり、リポジトリの(ソースコード)にチェックを入れることと、前に入れたaudaciousは
sudo apt-get purge audacious audacious-plugins
のように、できるだけ環境から消していくことで新しく萌え版のコンパイルができるようです。
 また、removeで間違ってけしてしまっても、もう一度installして、purgeすれば良いようです。
(※それでもなお、ビルド環境の問題が治らない場合は、一番初めに出た、依存関係問題をSynapticでとってあげると(当然Synapticの再読込アップグレードをしますがこれが効いているみたいです)、その後もうまく行くようです。)
(15-03-04)

★TOYです。検証ありがとうございます。実機の方は通常版のAudaciousを入れてない状態でエラーがでたような気がしなくもないのですが…ちょっと思い出せない。
*わかりやすいように「トラブルシューティング」としてタイトル追加しました。

◎mifjpnです。ちょっと、深刻ですね><。linuxは各種デバイスへの対応が、いまいちだったりもしますし。この前のSambaの設定でも、NICのせいらしく、うまく行かなかったこともありました(たった1行なんですがうまく行かないんですよ;;)。
では、とりあえず、うまく行った環境をあげときます。
AMD64
Core i5 3570K,B75 Chipset,DDR3 8GB,Realtek High Definition Audio
Core2 Duo Q8400(4core),G41+ICH7 Chipset,DDR3 4GB,VIA VT1708Sコーデック
i386
Pentium M1.3GHz(BANIAS),Intel 855PM(400MHz)chipset,RAM 1GB,Audio不明^^;

◎mifjpnです。TOYさんの言っているような、初めてのコンパイルからエラーが出ました。ただし、グラフィック関係のライブラリがエラーいわく「インストールされようとしていません」;;(VirtualBox)です。)
 やはり、apt-getで上から1つずつつぶして、<うまく行かないライブラリ>をつぶして行くほかはないようです。ビルドの環境は最新だと思いますし、この頃大きなアップデートもあったので、泥臭い部分が出てしまったのかもしれませんねぇ。
(15-03-16)

再生時の進行のバーについて

★TOYです。一つ気づいてしまったのですが、曲を再生しているとき進行を示すバーの(下の)部分がグレー表示になりますね。調べてみたらAudacious-3.4.3の時点で(その時は白)http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-587.htmlなってました。これはもしかしたら画像を手直しすることで解消できるかもしれませんね。たっどさんに期待したいところです。

お久しぶりです。puchoです。

お久しぶりです。puchoです。この度は、就職やPCの買い替えなどでなかなかubuntuをさわる機会がなく、パッチを提供できませんでした。現在のPCにubuntu15.04をインストールしましたので、久しぶりにaudaciousの萌え化パッチを作成してみました。
なお、mifjpnさんとは違うアプローチで萌え化しています。


上記のファイルがパッチが入ったtar.gzファイルです。対応バージョンは3.5.1と3.6.1です。
mifjpnさんのサイトで紹介されている方法のdel-eq.patchのところをmoedacious-(audaciousのバージョン).patchに読み替えてください。


★TOYです。pucho さん、お久しぶりです、おかえりなさい。いろいろ忙しかったんですね、戻ってきてくれて嬉しいです。まだ試していませんが、とりあえずご挨拶まで。
ところで、たっどさんのスキンのリンクがなかなか復活しないのですが、もしお手持ちのスキンありましたらどこかにアップもしくはわたし宛てに送っていただけませんか?
わたしの手持ち分は↓ここにアップしたものになります。
*まみまど.tar.gz *oniko-tan_01.tar.gz

★puchoです。TOYさん、新しいPCに入っているaudacious用萌えスキンをアップロードしました。
*甘うさぎ amausagi_01.tar.gz
また、古いPCには
*お姫様風味雛 hina_01.tar.gz
*ピクシブたん pixiv-tan_01.tar.gz
*まどか☆ madoka_01.tar.gz
*夏はやっぱり natuha-yappa_01.tar.gz
*サンシャイン sunshine_01.tar.gz
がありました。

○mifjpnです。あ~戻ってきてくれてよかった~ホッとしました。
私の場合、本当に小手先で描画を省いちゃったんで、ちょっと後ろめたい?^^;気もしておりました。
おじさんは、CはK&R世代なんですが、CCとかXのウィジェット使いは今一つなのです。
puchoさん戻ってくれて。
良かった、良かった。

★TOYです。pucho さん、スキンデータアップありがとうございます。とりあえずこれでいくつか復旧できますね。mifjpn さんももしお有りでしたらお願いします。

Audacious 3.6.2がリリースされました。

puchoです。5月30日にAudacious 3.6.2がリリースされました。今回もノーマル状態ではイコライザー部分が崩れてしまいますので、パッチを提供します。(公式ではもう萌えスキンのような不完全なスキンはサポートされないかもしれません。)


moedacious-3.6.1.patchとの変更点は全くと言っていいほどありません。

ところで、audaciousをソースからビルドとインストールをするとき、ubuntuではインストールの段階で、

sudo make install

とするところを

sudo checkinstall

とすることを推奨しているようです。このコマンドはソースからインストールするときに自動的にdebパッケージを作成してからインストールするコマンドで、このコマンドでインストールすることで、Synapticなどで、管理がしやすくなります。
ただし、audaciousで単純にcheckinstallコマンドを使うと、公式のパッケージ構成とは違う形でインストールされてしまうので、気になる方は、

sudo checkinstall --inspect

でパッケージに含むファイルを細かく設定できます。

★TOYです。pucho さん、パッチありがとうございます。とりあえずAudaciousの萌え化に転記しておきました。

★TOYです。↓ブログにて手順まとめたのですが、「checkinstall」の挙動はどうなんでしょう?

★puchoです。checkinstallの挙動についてですが、私もイマイチよくわかっていないところもありますが、make installを実行してしまった場合は、念のためmake uninstallを実行してください。apt-getなどですでにaudaciousや直接関連するパッケージ(libaudcoreなど)をインストールしてある場合は全てアンインストールしてからでないとエラーがでます。--no-installオプションをつけた場合はdpkgコマンドで以下のようにインストールしてください。

sudo dpkg --install <インストールするパッケージ>

★TOYです。puchoさん、アドバイスありがとうございます。ブログの方にそのまま追記させていただきました。

朗報?

puchoです。この程、Audacious-3.7-alpha1がリリースされましたが、どうやらこのバージョンはパッチを適用しなくてもイコライザーの表示が崩れないようです。(GTK2+を使うバージョンで試しました。)
GTK2+を使うバージョンでは、オプションでQt5も使えるようになりましたが、少なくともQt5で起動すると崩れないようです。
私の環境では、GTK2+でも崩れませんでした。
Qt5を有効にするには、apt-getで、qt5-defaultをインストールしたあと、

./configure --enable-qt --prefix={インストールディレクトリ}

という風にconfigureを実行して、あとは普通にインストールします。(audacious、audacious-plugins両者ともこのオプションです。)

ちなみに、Qt5モードで起動するには

audacious --qt

とターミナルで実行してください。

★TOYです。おお、パッチを使わなくても大丈夫になりましたか! 確かに朗報ですね。puchoさん、情報ありがとうございます。

Audacious-3.7-alpha1コンパイルでエラー

★TOYです。Ubuntu 14.04の仮想環境で試そうとしたのですが、プラグインのコンパイルで以下のようなエラーが出たのですが、原因および対処の仕方わかりますでしょうか?
*Audacious 3.6.1が入った状態でやったのがいけないような気もしているのですが…。
$ sudo apt-get build-dep audacious-plugins
$ TPUT=/bin/true ./configure --prefix=/usr --disable-sndio
*↑このあとの操作にて

moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$ make
Entering directory src.
Entering directory metronom.
Successfully generated dependencies.
Successfully compiled metronom.cc (plugin).
metronom.plugin.o: 関数 `InputPlugin::read_tag(char const*, VFSFile&, Tuple*, Index<char>*)' 内:
/usr/include/libaudcore/plugin.h:399: `InputPlugin::default_read_tag(char const*, VFSFile&, Tuple*, Index<char>*)' に対する定義されていない参照です
collect2: error: ld returned 1 exit status
Failed to link metronom.so!
make[5]: *** [metronom.so] エラー 1
make[4]: *** [all] エラー 2
make[3]: *** [metronom] エラー 2
make[2]: *** [all] エラー 2
make[1]: *** [src] エラー 2
make: *** [all] エラー 2
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$

★puchoです。確かに3.6.1をインストールしたまま3.7-alpha1のプラグインをインストールしたのがまずいですね。
基本的にaudaciousの本体とプラグインのバージョンを合わせないとエラーが出るようです。
ですので、念のため、3.6.1をアンインストールしてから3.7-alpha1の本体とプラグインをインストールしてください。

Audacious-3.7-alpha1コンパイルでエラー再び。

★TOYです。puchoさん、コメントありがとうございます。削除してやり直してみたのですが、またほぼ同様のエラーが出てしまいました。今度他の環境でも試してみるつもりではいますが、もしなにかヒントになることがあれば教えていただけると助かります。
*ちなみにインストール手順はhttp://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-811.htmlに準じています。Audacious本体はインストールまで行っています。

moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$ make
Entering directory src.
Entering directory metronom.
Successfully generated dependencies.
metronom.plugin.o: 関数 `InputPlugin::read_tag(char const*, VFSFile&, Tuple*, Index<char>*)' 内:
/usr/include/libaudcore/plugin.h:399: `InputPlugin::default_read_tag(char const*, VFSFile&, Tuple*, Index<char>*)' に対する定義されていない参照です
collect2: error: ld returned 1 exit status
Failed to link metronom.so!
make[5]: *** [metronom.so] エラー 1
make[4]: *** [all] エラー 2
make[3]: *** [metronom] エラー 2
make[2]: *** [all] エラー 2
make[1]: *** [src] エラー 2
make: *** [all] エラー 2
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$

Audacious-3.7-alpha1コンパイル別環境で別のエラー。

★TOYです。Ubuntu 15.04の仮想環境で試したのですが、こんどは「audacious-3.7-alpha1」のmake操作で以下のエラーが出ました。何か手立てわかりますでしょうか? 正式版待つしか無いかな〜(?)
*それゆえプラグインのインストールまではたどり着いていません。

moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.7-alpha1$ make
Makefile:17: buildsys.mk: そのようなファイルやディレクトリはありません
make: *** No rule to make target 'buildsys.mk'. 中止.
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.7-alpha1$

★puchoです。~/ダウンロード/audacious-3.7-alpha1 内でconfigureを実行していないように思われます。
buildsys.mkは、configureを実行することで生成されるファイルですので、configureを飛ばしていきなりmakeするとエラーになります。

★TOYです。puchoさん、ヒントありがとうございます。↓この操作の時にエラーが出ていたのに気づきませんでした。どうやらgtk+のバージョンがあってないみたいなんですが、具体的にどうすればいいかわかりますか?

$ TPUT=/bin/true ./configure --prefix=/usr

〜省略
configure: error: Package requirements (gtk+-2.0 >= 2.24) were not met:

No package 'gtk+-2.0' found

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables GTK_CFLAGS
and GTK_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-3.7-alpha1$

★puchoです。もしかするとGTK+2がインストールされていないか、古いバージョンかもしれません。

pkg-config --modversion gtk+-2.0

で、GTK+2のバージョンを調べてみてください。もし、エラーが出るようであれば、テキストエディタでconfig.logを見てみてください。

★TOYです。puchoさん、お手数おかけします。やってみたところ以下のように結果でした。これはgtk+-2.0自体が入っていないってことなのでしょうか?「gtk2-engines-murrine」などは入っているので、入っているものと思っていたのですが…。だとすると何を入れればいいのかとかわかりますか?

moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~$ pkg-config --modversion gtk+-2.0
Package gtk+-2.0 was not found in the pkg-config search path.
Perhaps you should add the directory containing `gtk+-2.0.pc'
to the PKG_CONFIG_PATH environment variable
No package 'gtk+-2.0' found
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~$

★puchoです。このエラーだとgtk+-2.0がインストールされていないようです。正確に言うと、gtk+2.0の開発者向けパッケージがインストールされていません。もし/usr/lib/x86_64-linux-gnu/lib/pkgconfig にgtk+-2.0.pcというファイルがない場合は、

sudo apt-get install libgtk2.0-dev

で、インストールしてみてください。ちなみに、

sudo apt-get build-dep audacious

でもgtk+-2.0はインストールされるのですが、もしかすると実行し忘れているかもしれません。

★TOYです。puchoさん、いろいろご教授ありがとうございます。
「sudo apt-get build-dep audacious」はやっていたのですが、もう一度やってみたところ、「アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 1 個。」←「保留: 1 個」というのがあって、どうもこれが原因だったみたいです。別途「sudo apt-get install libgtk2.0-dev」で本体のインストールまでこぎつけられました。

で、プラグインの方ですが、従来の手順でmakeしたところ↓のようなエラーが出て、

moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$ make
Makefile:5: buildsys.mk: そのようなファイルやディレクトリはありません
make: *** No rule to make target 'buildsys.mk'. 中止.
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$

「TPUT=/bin/true ./configure --prefix=/usr --disable-sndio」←これを見なおしたところ、
〜省略
checking for GNU gettext in libc... yes
checking whether to use NLS... yes
checking where the gettext function comes from... libc
checking for AUDACIOUS... no
configure: error: Cannot find Audacious 3.6; have you installed Audacious yet?
moebuntu@moebuntu-VirtualBox:~/ダウンロード/audacious-plugins-3.7-alpha1$

Audacious 3.6が入ってない?というわたし的には謎のエラーが…。

また、更に遡って、「sudo apt-get build-dep audacious-plugins」を確認したところ、「アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 1 個。」←「保留: 1 個。」とありました。

このあたり対処わかりますか? 何度もすいません。


★puchoです。本体のインストールが完了した状態でこのエラーがでるのはおかしいですね。
考えられる原因としては、インストールするディレクトリを間違えたか、実はインストールが失敗していたかですねぇ。
/usr/lib/pkgconfig または、/usr/lib/x86_64-linux-gnu/lib/pkgconfig にaudacious.pcはありますでしょうか?
もしあったならaudacious-plugins-3.7-alpha1のconfig.logの"checking for AUDACIOUS"の行から数行を貼り付けていただけませんか?原因がわかるかもしれません。

ところで、本体のインストール前に古いaudaciousを削除しましたか?古いaudaciousが残っているとcheckinstallで競合するファイルがある旨のエラーが出てしまいます。もし、削除していなければ、削除してからもう一度インストールをやり直してください。


★TOYです。puchoさん、ありがとうございます。audacious.pcは両方のディレクトリにありました。
*/usr/lib/x86_64-linux-gnu/lib/pkgconfig←2つ目の「lib」はありませんでした。

>audacious-plugins-3.7-alpha1のconfig.logの"checking for AUDACIOUS"の行から数行

configure:9353: checking for AUDACIOUS
configure:9360: $PKG_CONFIG --exists --print-errors "audacious >= 3.6"
Requested 'audacious >= 3.6' but version of Audacious is 3.5
configure:9363: $? = 1
configure:9377: $PKG_CONFIG --exists --print-errors "audacious >= 3.6"
Requested 'audacious >= 3.6' but version of Audacious is 3.5
configure:9380: $? = 1
configure:9394: result: no
Requested 'audacious >= 3.6' but version of Audacious is 3.5
configure:9410: error: Cannot find Audacious 3.6; have you installed Audacious yet?


>ところで、本体のインストール前に古いaudaciousを削除しましたか?
試したのはもともとAudaciousを入れていない環境だったはずなのです。


もしかして…最初のエラーの際に↓この辺も必要かと思って入れたのが影響している可能性ありますか?

$ sudo apt-get install dh-make cdbs devscripts fakeroot lintian checkinstall dpatch quilt
$ sudo apt-get install libmcs-dev libjack-dev libcddb2-dev

★puchoです。config.logを見てみましたが、古いaudaciousがインストールされたままになっています。
具体的に言うと、audacious-3.5.xがインストールされていると判定されています。

/usr/lib/pkgconfig、/usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkgconfigの両方にaudacious.pcがあるとのことなので、/usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkgconfigの方のaudacious.pcをファイル名変更してみてください。もしかするとこれで成功するかもしれません。(削除してもいいのですが、後々困る気がするので、ファイル名変更でお願いします。)

★TOYです。puchoさん、長々とお付き合いありがとうございます。

>audacious.pcをファイル名変更してみてください。
やってみたのですが、ダメでした。

>audacious-3.5.xがインストールされていると判定されています。
逆にということで、3.6を一度インストールして、削除してやり直してみたのですが↓この操作で、

$ TPUT=/bin/true ./configure --prefix=/usr --disable-sndio
↓3.6が見つからない(なぜ3.7じゃないの? やはり3.7がうまくインストールできていないってこと?)
configure: error: Cannot find Audacious 3.6; have you installed Audacious yet?

なので、もう一度3.6をインストールしてその上でやったところ、こんどはmakeまでこぎつけたのですが、(予想はしてましたが)そこでまたエラーが…。

そんなこんなで、だいぶ勉強にはなりましたが、一旦諦めて正式版を待ったほうが良さそうです。

★いえいえ、どういたしまして。ところで、WindowsのMinGW64環境でもコンパイルしてみましたが、Windowsだとイコライザーが崩れてしまうようです。Linuxでは崩れなかったんですけどねぇ。
そういえば、14.04でのエラーですが、正直わかりませんでした。私の14.04ではエラーなくインストールできました。もしかするとgccのバージョンで結果が変わるのかもしれません。(pucho)

Audacious 3.6.2でパッチ無しで正常表示できたとの情報

★TOYです。ブログのコメントにて↓以下の情報をいただきました。gtk3ベースのほうが実はよかったりして?

PackManから提供されているopenSUSE向けaudacious 3.6.2パッケージでは萌えスキンを使ってもイコライザー部分の抜けが無く、正常に表示されるようです。
コードベースはgtk3を使用、pachoパッチを当てている形跡はありません。

★puchoです。私も3.6.2を15.04の環境でセルフコンパイルしてみましたが、gtk3ではイコライザーは崩れませんでした。


【朗報】Audacious 3.7で萌え化完全復活!

●"Audacious 3.7" ではパッチ抜きで 従来通りの萌え化が可能となりました。
パッチ無しで正常表示出来るようになったそうです。 詳細、Installは下記のリンク先を参照して下さい。僕は、3.6.2が入ったまま、3,7を上書きしましたが、問題なくVersion up出来ました。


Audacious 萌えスキン リンク切れ 直しました。

★たっどです。 お世話になっております。
せっかく、色々としらべてもらい、プログラムまで作って頂いておりましたが、
かんじんな、スキンのサイトがりん木切れして、中々直さずにいて、、

大変長らく お待たせして申し訳ありませんでした。

ドメイン切れで、リンク切れしてましたが、 自分でもログインIDとPWがわからなくなり、ログイン出来ず、
PC内のものも、HDDが逝ったと同時に失ってしまいまして、
ようやく、他のサイトにバックアップしていたのを見つけました。 最後から5つのは、残念ながら見つからずでしたが、、
ほとんどのを、サイト仮移転し ダウンロード出来るように直しました。
 
本当に遅くなってしまい、ご迷惑おかけしてしまい
ごめんなさい。。

  • 最終更新:2015-10-31 12:09:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード